よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

誰が何のために???

1月21日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。
太陽が明るく照り、寒くなかったです♪

「うちんちのお風呂が沸く音って、どんなんやっけ?」と、急に次女が長女に尋ねた。

尋ねられたのは長女だけど、私も頭の中で考えていた。

そして私の答えが出る前に、
長女が3年程前まで使っていた方の「お風呂が沸いた時のメロディ」を口ずさんじゃったものだから、

ややこしくなってしまって、皆、今のメロディが全然出てこなくなってしまった。
毎日聴いているのに。

結局、「ネットにのっているかなー?」と、言った誰かの言葉で調べることになった。


便利なネット社会になってから、
ちょっとわからないことがあったら、なんでも調べる習性がついている。


昔、1980年代だっただろうか?
マクドナルドで商品を買うと、
もれなく「スクラッチカード」が付いてくる時期があった。

4択だったか5択式のクイズが2問書いてあり、下の銀色部分をコインで削り、
2問とも正解だったら削った部分に書かれた商品を貰えるというものだったような記憶がある。

その商品は、フライドポテトSやコカ・コーラSだけでなく、
確率は低いがハンバーガーやビッグマックもあり、
当時学生だった私たちには、ありがたいキャンペーンだった。

「次のうち、本当にある半島は?」
だとか、
「日本の都道府県の中で一番面積の小さいところは?」
だとか
ギリシア語で「行く」の意味を持つ、原子の「イオン」を発見した科学者は?」
とか、結構まともな問題が多く、

最初は無駄にスクラッチして不正解を引き当てていたけれど、
商品欲しさに、だんだんと調べることを覚えた。

とはいえ、今のようにネットなどないので、
家に持って帰って「百科事典」や「広辞苑」で調べるのが精一杯。

クイズを解く楽しみと引き換えにゲットした商品で、
腹だけは満たされた。

なんでもすぐに検索できる現代に、
クイズのキャンペーンなんてしたらどうなることやら??

 

ネットで「お風呂 沸く音」と調べると、

ノーリツリンナイの大手2社のお風呂が沸いた時の音が、
色々と動画でアップされていた。


こんなもの調べるのなんて私たちぐらいかと思っていたので、
動画を見つけた時は嬉しかった。

どんな音色だったか思い出せずモヤモヤとしていたので、
喜び勇んで再生ボタンを押してみた。


目を疑ったのはこの後のこと。


ふと見た「動画再生回数」が、20万回。

 

 

誰が何のために見ているのだろう…。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

もう、ソレにしか見えない。

1月16日、今日の京都市左京区は曇り一時雨。

知り合いの子に教えてもらいました。


「11:3=B」を縦にするとバカボンのパパっぽく見える、って。


ふふふ。ほんとだ。笑


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

連番

1月12日、今日の京都市左京区は曇り。朝は少し雪混じりの雨が降っていました。

青伸ホームの庭の金魚や亀の水槽の表面に張っている2cmぐらいの氷も少し溶けていたので、
この数日の気温と比べると今日は少し寒さがマシだったようです。


ご近所のおばあちゃんが、この寒さで関節痛が酷いと言っていました。
お医者さんで貰った「ビタミンB12」を飲んでるけど、
イマイチ効いてるのかわからない、と言っていました。

ビタミンB12」には、末梢神経を構成する核酸やリン脂質を増加させて神経を修復する作用があるので、
飲んでいる方も多いかと思います。
私も以前、ムチウチになった時、整形外科で処方されたのを覚えています。

しかしこの「ビタミン」ってやつ・・・。

AやBやCのアルファベットがついているだけでなく、

ビタミンBに関しては、B 1やB 6など、数字まで付いていて、
簡単なようでちょっとややこしく感じます。

というか、 B1、2・・・ 6・・・12、と、数字が飛び飛びなのがややこしい。


なんて思っていたら、

実は、もともとは、キッチリと「連番」だったというのです!

ざっくり簡単に説明すると、

⚫︎「ビタミンB」は1910年に鈴木梅太郎が米ぬかから
 「ビタミンB1」の元となる「オリザニン」の抽出に成功しました。
⚫︎その後、次々とビタミンB群の仲間となるものが発見されました。
⚫︎当時はB2、B3、B4と連番でB12まで付けられました。
⚫︎しかし、後に人間の体には必要のないビタミンという事が分かり、
 整理されて、今の8種類(B1、B2、ナイアシンパントテン酸、B6、B12、葉酸、ビオチン)となりました。

とのこと。

ビタミンB3、B4、B5などは、「ビタミンBだー!」と報告されたものの、
「ビタミンと呼ぶには適さない物質」であることが判明したため、
現在では脱落してしまったのです。


だから番号が飛び飛びで付いていたのですね!(*´∀`)♪

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...