よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

高級食材が

10月17日、今日の京都市左京区は雨のち曇り。寒い朝でした。

スーパーでカゴいっぱいに缶詰を入れている人を見かけました。

非常食でしょうか?缶詰パーティなのでしょうか???

缶詰は、ここ数年種類が一気に増え、売り上げが伸びています。
保存食としてだけでなく、おつまみやおかずとするために買う人が増えているそうです。

安い缶詰も多いですが、フォアグラやカニイクラやアワビなど、
中には1缶数千円~1万円もするようなものもあり、
変わり種としては、ケーキの缶詰や出し巻き卵の缶詰、たこ焼きの缶詰などもあります。
私は初めて見たのですが、メロンの缶詰というのもあります。
赤肉系のメロンのシロップ漬けなのですが、レビューを見る限りでは、ぐにゃぐにゃしてて美味しくなさそうです。

そもそも缶詰は「長期間の保存」や「手に入らないものをいつでも食べられるようにするため」に製造されていますが、
そのためには「加熱処理をして殺菌」をする必要があります。

パイナップルなどの「酸が多いモノ」は、100℃以下の温度で、
しかも短い時間で殺菌することができるので、味や香りもよく残るそうですが、

「酸の少ないモノ」を殺菌するためには、100℃以上の温度で時間をかけてやらなければならないので、
モノによっては、ぐにゃぐにゃになったり、味が全然変わってしまったりするそうです。

中国や東南アジアには、イチゴやバナナ、スイカの缶詰があるようですが、
イチゴはイチゴジャムのような味わいで食べられるものの、
バナナは果肉の色が生とは異なり、味や食感も生鮮バナナとは程遠いもののようです。
またスイカはみずみずしさが失われ、こちらも生のスイカとはだいぶ違うものになっているようです。


今の子たちは知らないかも、ですが、
アメリカ生まれのキャラクター「ポパイ」は、ホウレン草の缶詰を食べるとパワーアップし、
悪者をあっという間にやっつける、というアニメでした。

「冷凍のホウレン草」は見かけますが、ホウレン草の缶詰も、日本では見かけません。
でも、アメリカには、ちゃんとありました。

ただ、何十分も煮たようなぐにゃぐにゃのシロモノで、そのまま食べるのは不味そうです。

実はポパイというキャラクターは、
全米ベジタリアン協会という組織の「宣伝キャラ」だったそうですよ。

菜食主義を全米に広めるために、
会員の実業家たちが資金を出し合って、多くの漫画家やイラストレーターに作品を試作させ、
その結果生まれたのがあのポパイなのだそうです。

なのに残念ながら缶詰の人気はいまひとつで、売上増にはなりませんでした。

その原因は、同じ時期に登場したブロッコリーの人気に押されたからなのだとか。

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

これが現実

10月10日、今日の京都市左京区は雨のち曇り。
どうなることかと思った台風も来ず、午後からは天気も回復し、
少し明るく曇った空を、数羽の鳥が翼をはためかせながら飛んで行きました。

幼い頃の子供たちの夢は、プロ野球選手になりたい、
お花屋さんやケーキ屋さんになりたいなどさまざまですが、
「鳥になりたい!鳥になって空を飛びたい!」と言った子供がいました。

その子は、翼がはえたら空を飛べると思っているのですが、

そのとき私の脳内では
「昔ギリシャイカロスは〜♫ロウでかためた鳥の羽根〜♪」
の歌が…。(-_-)

この曲、ご存知の方も多いと思いますが、

「両手に持って飛びたった、雲より高くまだ遠く、勇気一つを友にして。

丘はぐんぐん遠ざかり、下に広がる青い海、
両手の羽根をはばたかせ、太陽めざし飛んで行く、勇気一つを友にして。

赤く燃えたつ太陽に、ロウでかためた鳥の羽根、
みるみるとけて舞い散った、翼奪われイカロスは、墜ちて生命を失った。

だけどぼくらはイカロスの、鉄の勇気をうけついで、
明日へ向かい飛びたった、ぼくらは強く生きて行く、勇気一つを友にして。」
と続きます。

ロウさえ溶けなかったら、飛べたのに・・・、と、子供の頃の私は思っていたのですが、
大人になるにつれて現実を知ることとなりました。

まず、人間の身体を空に飛ばすには、
体重が50kgとしても、片方10メートル以上の羽根が必要となること。

鳥がそれほど大きな翼でなくても飛べるのは、身体が非常に軽いから。

2つ目は、筋肉の話。

鶏肉には、「モモ肉」「胸肉」「ササミ」などがありますが、

動物学では「胸肉」は翼を振り下ろすための「大胸筋」、
「ササミ」は翼を振り上げるための「小胸筋」、
「モモ肉」は歩くための脚の筋肉の集まりです。

ニワトリは地面を歩くので足の筋肉である「モモ肉」が発達しているけれど、
空を飛ぶ鳥は、翼を動かすための「大胸筋」がよく発達していて、

それらの鳥の「大胸筋」は、体重の25%ぐらいも占めています。

一方、人間の「大胸筋」は、体重の1%にも満たないそう。

これはどういうことかというと、

たとえどんなに優れた翼を作っても、
人間の力では、鳥のように羽ばたいて飛ぶことは不可能だということなのです・・・。

   _| ̄|○


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

金と銀

10月5日、今日の京都市左京区は晴れ。
いつもより冷たい風が、何処かから金木犀の甘い香りを運んできます。

金木犀は遠くまで香りが広がることから、
中国では「九里花」と呼ばれています。

実は、「金木犀」は「銀木犀」の変種だったのです。
銀木犀から、色鮮やかで香りが強い変種が誕生し、
それが金木犀と名付けられたのだそうです。

金、銀、といえば
京都で生まれ育った私は「金閣寺」と「銀閣寺」を思い出しますが、
オリンピックの「金メダル」や「銀メダル」を思い出す人も多いのではないでしょうか?

あの「金メダル」って、純金なのかと思いきや、
実は「銀」で出来ていて、周りに「金メッキ」を施されているだけなのです!

メダルは開催国が用意するため、大きさは大会ごとに違うのですが、

ピョンチャンオリンピックのメダル仕様では、

重量:金メダル586グラム
   銀メダル580グラム
   銅メダル493グラム
だったのですが、

メダルに使った金属の原価は、
(価格変動もあるので目安ですが)

金メダル(銀580g 金メッキ6g )で約66,000円
銀メダル(銀580g)で約38,000円
銅メダル(銅493g)で約400円

なのだとか。


金メダルが銀で出来ていたのも驚きですが、
銅メダルの安さにびっくりですね!(O_O)


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...