読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

サルスベリは「百日紅」とかく!|左京区

京都市左京区

 

 


9月25日、今日の京都市左京区は、晴れ時々曇り夜には雨!でした。
朝の太陽は眩しく、あまり風もない暑い日差しでした。

そんな日差しに照らされて、
初夏に開花した北大路通りの緑地帯の「サルスベリ」が、
綺麗な赤色を差し色にして、まだまだ元気に咲いていました。

サルスベリ」が植わっているのは、
北大路通りの叡山電鉄の踏切あたりから東側。

赤色の花だけかと思いきや、紫色の花もあります。
白色もあります。

こんな小さな緑地帯なのに、元気に育っているなー、と、改めて感心。

青伸ホームの前の緑地帯の端っこには、
緑地帯のために植えられた低木を凌ぐ大きさに育った、
名前も知らない木がふさふさと育っています。
自分の指定席はココだ!と言わんばかりに、枝葉をのばしています。

こんなに主張してしまったら、交通の邪魔だと見切られて、
そろそろ剪定されるっていうか、コイツは抜かれてしまうんだろうなぁ…と
要らぬ心配をしています。


青伸ホームの裏の家の庭にもサルスベリが植わっていて、
なにやら茶色い丸いカスをポロポロと落としてきます。
花が終わったあとにつける果実が熟して、種を撒き散らしている?

や、このペースで種を蒔かれた日にゃ、
青伸ホームの庭はサルスベリだらけになりますやん。


そんな「サルスベリ」は、
幹が成長するに従い、古い樹皮のコルク層が剥がれ落ちて、
淡い黄褐色の滑らかな樹皮が現れ、
サルでも滑りそうなほどツルツルしていることから「猿滑」と呼ばれています。
7月頃から9月頃まで、美しい花が次々と咲き、その期間が100日と長いので、
漢字では「百日紅」と書くそうです。H

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...