読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

山鉾の「辻回し」と〇〇の「辻回し」|京都市

7月17日、今日の京都市左京区は、雨のち曇り時々晴れたり雨降ったり・・・
不安定なお天気でした。

今日は祇園祭の前祭の山鉾巡行でした。

山鉾を90度に向きを変えることを、「辻回し」と言います。

ハンドルがついているわけではないので、まっすぐに進めることしかできない鉾を、
巡礼では、90度のカーブをいくつも曲がらないといけません。
重量は12tにも及ぶものもあり、そんな山鉾を回すのは大変です。

向きを変える方法は、交差点に差し掛かったら一度止まり、
「ささら」と呼ばれる竹を車輪の下にくるように敷きます。
そしてその上から、水をまきます。
竹を敷いて水をかけることにより、車輪を滑らせて向きを変えます。
交差点で、このようなことを3回ほど繰り返すことによって、
やっと90度向きを変えることが出来ます。
巨大な鉾が、町衆の掛け声とともに方向転換するさまは、豪快です。

前祭の山鉾巡行は、
四条烏丸」→「河原町四条」→「河原町御池」→「新町御池」の順で行われます。

辻回しが行われる交差点には、多くの人が、朝から場所取りをしています。

辻回しがうまく決まるとすごい歓声に包まれます。
たまには失敗もあるようですが、失笑の後には大きな歓声です。

 


実は、もう一つの辻回しを楽しみにしている人も居るとか居ないとか・・・

それは、四条通沿いの巡行ルートにあたる信号機です。

車道に突き出した信号機は、
高さ25メートルある鉾が通れるように歩道側に折りたたまれていました。

巡行が終わると、信号機も90度回して、元の位置に戻されます。
こちらはクレーンのついたトラックに人が乗って、元に戻すのですが、


山鉾よりもスムースに回る信号機の辻回しに、大きな歓声が上がります。(笑)


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...