読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

軽くてカスカスな球根|左京区

京都市左京区


3月24日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。

朝から風が強く吹く日でした。

 


昨日のこと。

久しぶりに青伸ホームの庭で青山社長の姿を見ました。

最近忙しさがピークなようで、庭に出ている姿など見たこともありませんでした。

どうやら、お休みの水曜日丸一日仕事をしていたので、少し時間が出来たようです。

 


どこから持ってきたのか、なにやら大きめのレジ袋から中身をだしています。

中からはタネや球根が出てきました。
ん?
なんか見たことある・・・。

思い出しました。

まだ子供が小さかった頃、
「庭をお花でいっぱいにしたい!」だの「ミニトマトを育ててみたい!」だの
「豆を育てたい!」だのと言ったので、確か川端ニック、
今のケーヨーデーツーに行った時に、好きな花や野菜のタネを選ばせてたのを。

袋の中からは、かすみ草や百日草、チューリップの球根、
人参のタネやブロッコリースプラウトのタネ、
スナップエンドウのタネやワケギの球根まであります。

なんでワケギを選んだんだろう・・・笑

なんか、袋がすごくネギくさい。。。

 


そのネギくさい袋の中には、瓶も入っていて、
その中にはヒマワリのタネやアサガオのタネ、フウセンカズラのタネなど、
どうやら娘たちがどこかで見つけて大事に持って帰ってきたタネたちが入っています。

でも、大事そうに仕舞ったその瓶は、
もともとオオクワガタの幼虫が入っていた菌糸瓶だよ。。。と教えてあげたい。。。

 


なぜ、そんなに大事なタネたちが撒かれずに仕舞われたんだろう?

その疑問は大きくなった娘たちに聞いて納得。

すっごく楽しみにして、ミニトマトのタネを蒔いたら、
次の日、すっごくたくさんのスズメたちがやってきて、
結局、芽は1つもでなかったんだそうです。

 

 

それで撒くのをやめて、大事に仕舞ったそうです。

 


その仕舞われてたタネたちを、昨日、青山社長が庭に蒔いていました。

男らしくタネの袋をビリビリ破いて、
ワシャワシャと袋をひっくり返してばら撒いていました。

球根を持ったとき「軽っ!?」と言ったので見てみると、
カッスカスの球根になっていました(笑)

そりゃ、コレ何年前の?
10年?15年ぐらい?
このタネなんか、
りぶら北山って書いてあるよ。粗品で貰ったんやね。


これは、芽がでないかもねー、なんて話していたんだけど・・・

今日、
たった一羽のスズメも来ませんでした。

 

 

カッスカスやん。

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

お花見に行こう♪|左京区

京都市左京区


3月23日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

北海道では雪だとか!?

なんでも信号機がLEDに変わってから発熱しないので、
表面に付着した雪が溶けずに見えなくて大変らしいです。

雪道だけでも危ないのに、大変だ。

 


日本は温帯だから四季があって・・・
なんて思っていたけど、

北海道は「亜寒帯」だったんだ!と、改めて思い出しました。

気候区分ではシベリア、アラスカ、カナダと同じだってんだから、驚きです。

 


そして今日、日本気象株式会社が、

2017年第8回桜の開花・満開予想を発表しました。

北海道から鹿児島までの全国約1000か所の桜の名所及び各都市のソメイヨシノについて、
今年の開花・満開予想を出しました。

西日本では、今週末から来週末にかけて開花ラッシュを迎えることになりそうです。

それと同時に、観光ラッシュを迎えることになるんでしょうね。

 


最近、外国人観光客の方が、桜の花をむしって自分に装飾したり、

日本には生け花の文化があるからと枝を折って持ち帰ったりすることが多々あると聞きます。

 

子供の頃、あまりにも綺麗に咲いている桜の花に魅せられて、
タンポポを摘むように小枝のその先の先の花が3つほど付いているところをポキって折って、
母に叱られたのを覚えています。

それは、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という意味で叱られたわけではなく、

人としての常識として叱られたのですが、

おかげで娘たちが小さい時にちゃんと教えることができました。

今考えたら当たり前のマナーですが、子供の頃というのは、
そういうこと考えていなかったですからねー。

 


観光客の方々も、文化は違うでしょうが、
是非とも「郷に入っては郷に従え」でマナーを守っていただきたいなぁと思います。

 

 

「ハナミ」という言葉が、
世界共通語となる日も近いんじゃないかと言われるほどのお花見ブーム。

せっかく綺麗なお花見が出来る日本に住んでいるので、
今年はちゃんとお花見に行こうと思います(=´∀`)
もちろん、
マナーを守って♪

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

皆さんはどんな雨をご存じですか?|左京区

京都市左京区


3月21日、今日の京都市左京区は、昨夜から降り続いている雨がしとしとと降っています。
春の雨は本当に優しく降りますねぇ。

今日のような雨を「催花雨」というそうです。
4月下旬から5月上旬にかけて、早く咲いてくれ、
と花にうながしているかのような雨をこのように呼ぶそうです。

この雨を見て、洗濯物が乾かない、なんて考えていた私。

昔の人は、花を咲かせる恵みの雨だと考えていたんですねー。
なんともまぁ趣があります。

雨に関する言葉は本当に多く存在します。
春の雨につけられただけでも50個以上あるそうです。
「桜雨」「春時雨・花時雨」「甘雨」「催花雨」
「養花雨・育花雨」「軽雨」「杏花雨」「雪解雨」「春雨」・・・

桜雨は、桜の花が咲くころに降る雨。桜の花に降る雨の様子も表します。
杏花雨は、あんずの花が咲く時期に降る春の雨のこと。
雪時雨( ゆきげあめ)は、雪を溶かす春の雨。雪消しの雨ともいいます。
植物にとって雪を溶かして水分を得ることは芽吹きに繋がるので、
春の到来を告げる雨だとされているそうです。

雨に関する言葉からは、古人がどのように雨と接してきたかを伺うことができますね。

四季だけでなく、毎日の少しずつの変化にさえ敏感に感じ取った繊細な日本人の心。
日本らしくて美しくて素敵な言葉が多いです。

娘たちに、どんな雨を知っているか聞いてみたら、
「春雨・霧雨・梅雨・狐の嫁入り・・・」
少し考えて
「ゲリラ雨・ゲリラ豪雨ゲリラ雷雨
集中豪雨に酸性雨!」
だと。(;ω;)

これが、今の日本なのかもしれません。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...