よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

えっ?

11月19日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り時々雨。

長女から、「自分で買うのはなんかちょっと納得行かへんけど、ちょっと欲しい笑笑」
と、柔らかく淡いオレンジ色に輝く「月のランプ」のスクリーンショット
私のLINEに送られてきた。

今年中に、いや、今月中に断捨離しようと決意し、
いくつになってもなんとなく散らかし名人の我が子たちにも断捨離しよう♪
と誘っていた矢先だったので、

「いらん」

と、ひとこと返信したら

「え?!」と驚きの声が返ってきた。


しかし、後でよく見ると、この月、なかなかの出来の良さ。

大きさは手のひらサイズ。充電式になっていて、コードもはずせ、オレンジ色や白に調光でき、
インスタ映えとやらで人気の商品のようだ。

月の裏側まで3Dプリンターでリアルに再現されている。

今までに見た月の裏側の写真は、色合いが悪いのか妙に気持ちの悪いものばかりで、
まことしやかに伝えられる都市伝説は大好きで、膨らむ私の興味。

だんだん、手に取って眺めたくなってきた。

高いものじゃないし、
大きさも手のひらサイズだし、
飽きるかもしれないけど、さほど邪魔にもならないし・・・


てことで、今度は次女にLINEしてみた。

 

「いらん!」

とひとこと返ってきた。


・・・・・(´⊙ω⊙`)

 

「えっ?!」


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

一生に一度は・・・

11月18日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。

17日の深夜から18日の明け方にかけて、しし座流星群が見頃でした。

私が初めて「◯◯座流星群」という言葉を聞いたのは、しし座流星群だったかな?

1999年11月、
33年に1度!とテレビで大きく報道され、
滅多に見られないほどものすごい数の流れ星が見られるとかで、
皆が皆、寒空を見上げ、流れ星を待った記憶があります。

結果、その年のしし座流星群では、
私だけでなく世間でもあまり多くの流れ星は観測出来ず、期待外れでした。

33年に1度なのに、がっくり・・なんて思っていたら、

次の年も、「しし座流星群がっ!」

その次の2001年にも「しし座流星群がっ!」

と報道されるものだから、

またかよっ!なんて思っていたら、
2001年は流れ星が大出現したのです。

またかよっ!
と、
子育て真っ最中だったものだから、
チラッと夜空を見上げたぐらいで、見逃してしまいました。

それからというもの、
なんだかしょっちゅう◯◯座流星群という言葉を聞くようになり、

何度かは、時間があれば見る努力はしたものの、

時間帯が悪いのか、場所が悪いのか、方角が悪いのか、

イマイチ多くの流れ星を見ることもなく、
こんなもんか、なんて思い、
現在に至っています。

一生に一度は、流れ星の大出現ってのを見てみたいものです。

大出現が33年に1度なら、
次は2032年〜34年?

あと14年後・・・

それを逃すと、47年後ね。

こりゃ、ちゃんと14年後に見とかないと、ね。笑


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

イズミヤ刺傷事件

11月16日、今日の京都市左京区は晴れのち曇り。

遅めの昼食をとり、後片付けや雑用をしていた時、
いつまでたっても通り過ぎないヘリコプターの音を不審に思っていたら、

娘たちから、「イズミヤで何かあった?」のライン。

なぬ?そのヘリコプター?
と、屋上に上がると、5機ほどのヘリコプターが、思ったより近く大きな姿でホバリング
そのうち1機はほぼ真上、遠くにも数機旋回していた。

手は振らないけれど、
なんだか屋上から救助を求めるヒトの図が頭をよぎり、
ヘリコプター以外、いつもとなんら変わらぬ景色のため、
こんな緊急事態時に、屋上に出てきたオバさんなんて見ていないだろうけども、
おそらく上からは丸見えで、
なんだか野次馬根性を見透かされたような気持ちになり、いそいそと室内に戻った。

Twitterやインターネットで調べると、少し情報は交錯しているものの、
ここから徒歩10分のところにあるイズミヤ高野店でパートの女の人が
後ろから刃物で数カ所刺されるという刺傷事件が起こり、犯人が逃走中だという。

約1時間後には犯人が捕まったという報道が入り、ひと安心するも、

通り魔的な犯行なら、刺された方が気の毒でしょうがない。
女性が倒れた後もなお刺し続けたとのこと。

犯人は、刺した後、約200m離れた自宅に戻っている。
この犯人は45歳の男で、近所の人によると、2~3ヶ月前から大きな音でゲームをしたり、
音楽を聴いたりして近所から苦情が出ていたとのこと。

この事件だけでなく、報道される事件が起きる度に思うことがある。

みんなそれぞれに気質は違うものの、1つの穢れもない赤ちゃんからスタートしたはず。

なのに、何故こんな人に育ったんだろう、と。

育てにくい子、育てやすい子、と、タイプは色々だろうけど、
育てる親や大人の受け止め方、育て方によって、その子の考え方や行動は変わってくると思う。

大切なのは、周りとのふれあいや環境なのではないだろうか?

無邪気な純真無垢な幼稚園時代をイメージしてみて、
例えばその中の1人が、なんらかの事件を起こした犯人に成長してしまったと想像すると、
なんだか寂しく残念でならない。

逆に、その中の一人が、テレビを賑わすほど立派な人になっていたり
芸能界を賑わしていたりすると、
それはとても輝かしく、こちらまで嬉しいことである。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...