よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

京都 東本願寺の□□

4月26日、今日の京都市左京区は晴れ。

 

今日は、雨じゃないから髪の毛大丈夫♪( ´▽`)
と、次女が嬉しそうに大学に向かいました。

 

「大丈夫」に仕上がる前に、髪の毛にしていたことは、
ドライヤーとヘアアイロン

 

このヘアアイロンってやつ、
うっかりどこかの皮膚に触れたら、
そりゃもう熱くって痛くってヒリヒリするのに、

 

多少傷むとかはあるけれど、

このかなりの高温にも屈しない髪の毛ってやつの頑丈さには、
畏敬の念を抱きます。

 

なんでも、1本の毛は100gの重さに耐えることが出来、

頭髪全体では、12トンの重さを支えることができるとか。

 

12トンって・・・なに?

 

調べたら、セイウチの平均体重がちょうど1.2トンでした。


ということは、セイウチ10頭分を、頭髪全体で引っ張る感じ??

 


いやいやいやむりむりむり。

 


しかし、
昔の人も髪の毛が頑丈だってことは、よく知っていたようで、


明治初期に行われた、京都の東本願寺の建築工事では、
「毛綱(けづな)」が使われたのだそうです。

 

幕末の戦火で失った御影堂と阿弥陀堂の再建時、
巨大な木材の搬出・運搬の際に、
引き綱が切れるなどの運搬中の事故が相次ぎ、
より強い引き綱を必要としました。

 

そこで、信者の女性が寄進した髪の毛と麻を撚り合わせて編んだ「毛綱」
を使うことにより、重い建材を運搬移動させることに成功したのだそうです。

 

全国各地からは、全部で53本もの「毛綱」が寄進され、

最も大きいものは長さ110m、太さ40cm、重さ約1tにも及んだといいます。

 

綱引きの綱の超でっかい版の黒みがかった版って感じの
大きくトグロ状に巻かれた「毛綱」が、
現在、東本願寺に展示されています。


「毛綱」と似た「髪綱」というのもあります。

「髪綱」は、船の錨綱やかかり綱として使われたのですが、
髪は引張力には強いのに水気にはとことん弱い。

水際で使用した場合、簡単に切れてほぐれて広がってしまうのだそうです。

 

( ゚Д゚) …水際に広がる長い髪の毛… 

ホラーのためか、こちらはあまり定着しなかったようです。

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

4月24日、今日の京都市左京区は朝から雨。

 

↓次女からのLINE。

 

「終わったー」

「今から帰る!」

「頭チュルチュル!」

 

軽い天然パーマなのでしょう。

雨の日は髪の毛がチュルチュルしてしまうようです。

 


髪の毛は、頭を守っている、と聞いた時、

キーンと飛んできたボールをカーンと守る髪の毛を、

ヘルメットのような役割を果たす髪の毛を想像し、


アフロヘアぐらいないと、ダメじゃん、

なんて、思っていたのですが、


よくよく考えると、

ボールなどの衝撃物からの緩和だけでなく、


日光や暑さ寒さ、雨からも守ってくれているわけなのですよね。

どうして髪の毛だけが、切っても切ってもここまで伸びるのか?

人間に「切る能力」が無かったらどうなってた?
なんて考えたこともあったけど、


他の毛よりは長いけど、ちゃんと抜け落ちる周期があるから、
普通にしてたら腰ぐらいの長さでとまるということを知ったとき、安心しました。

 

そういえば数年前、脱走して野生化した羊が、
毛を刈りとられないために伸び続け、
巨大な羊毛のために身動き出来ない状態で発見された、
なんてニュースもありました。

 

「野生の羊」の毛は他の動物のように生えかわるけれど、

『羊毛』のために人間によって品種改良され続けた「家畜の羊」の毛は、

生えかわらずに伸び続けるのだそうです。

 

 

 

もともと人間もケモノ(毛物)である。

 

進化と共に、このような今の姿になったのだと信じこんでいるのだが、

 

まさか、

まさか、

 

何者かによって、何かのために、

品種改良され続けているワケでは、あるまいな?

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

広告を非表示にする

どんぶり~!

4月23日、今日の京都市左京区は晴れ。

 

いいお天気が続きます。


ある人と喋っていて、ひょんな事から
「丼」の話しになって、


その人が超絶オススメしてくる親子丼の話よりも、


その人がサラッと教えてくれた
「丼」という漢字の成り立ちの方が気になった。

 

「丼」という漢字が
なぜ「どんぶり」と読むか、と、

なぜこんなカタチをしているか、って話。

 

その人が言うには、

 

『井戸の中にどんぶりのカタチの容器を落としたら、

「どんぶり〜」という音を立てて沈んでいったので、

そのような形の容器は「どんぶり」と読むようになった。

 

字のカタチは

井戸の「井」の真ん中に、

器を落とした様子の「﹅」が書き込まれ、
「丼」というカタチになった』


というのです。

 

え、マジ?


と、iPhoneで調べたら、そのようなことが書いてある。

 

へぇ〜!

 


さほど気になっていたわけではなかったけど、
なんとなく気になっていた
真ん中の「﹅」の存在。

 

 

なんとなく、解決♪

♪( ´▽`) ♪( ﹅▽﹅)

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...