よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

他国の語呂合わせ


9月23日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

 

 

「9月23日。不動産の日です」

今朝は、我が子を車で送っていかなくてはいけなかったので、
そんなカーナビの声から1日が始まりました。

 

 


秋は不動産取引が活発になる時期であることと、
「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合せから、だそうです。

 

 


〇〇の日、とかって、語呂合わせ好きだよねー、なんて思って、

 

 

ふと、このような語呂合わせって、

日本人の特権なのでは?

なんて思いました。

 

 


そこで、
例えばアメリカ人なんかは、
どうやって語呂合わせしてるんだろう?と調べてみると、

 


それぞれの単語を構成している
「アルファベットの数」を数えて語呂合わせにしているようです。

 

 


どういうことかというと、

例えば、

 


May (3), I (1), have (4), a (1), large (5), container (9), of (2), coffee (6) ……

 

(大きな器一杯分のコーヒーをください……?)

 

 

これは、円周率、パイπの覚え方なんだそうです。

 

 

「3.1415926……」

 


難しっ!(´⊙ω⊙`)

 

 

 

普通に覚えた方がラク?なんて思ったりもするのですが、

内容(使う単語)を関連づけたら、

意味と語呂がバッチリ合って忘れないかも?!

 

 

ここで問題です。

 

次の英文は、歴史上のどんな出来事を表しているでしょうか?!

 

 


【 I (1)sighted (7)Thomas’s (7)rights(6)

(私は、トーマスの権利をいくつか見た。)】

 

 


これは、1776年 アメリカ独立宣言の語呂合わせなんだそうです。

 

 

「アメリカ独立宣言」とは、
北アメリカの13の植民地がイギリス本土からの独立を宣言した文書で、
その主な作者は、後の第3代アメリカ合衆国大統領トーマス・ジェファーソンです。

 

 

 

なるほど。
とは、思うけれど、長っ!(´⊙ω⊙`)

 

 


では、こちらはどうでしょう?

 

 

【 I (1) captured (8) south’s (6) flags(5)

(私は、南部の旗を捕らえた。)】

 

 

これは、1865年 南北戦争終結をあらわすそうです。

 

 


南北戦争」とは、
奴隷制度に反対するアメリカ合衆国と、
奴隷制度を擁護する南部連合との間で、
1861年~1865年の間に行われた内戦のことで、

「南部の旗を捕らえた」だから、
「北部の勝利で」「終結した」
ってところまで、しっかりと覚えられるんだそうです。

 

 


1000年代だと、I(私)かA(冠詞)でしか始められないけど、

 


2000年代になると、He, We, As, If, In, Onなど、
幅が広がって来るんだとか。笑

 

 

 

 

国が違うとおもしろい♪

 

 

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

彼岸花と曼珠沙華


9月22日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

窓を開けていると肌寒いくらいのお天気でした。

 

 

北山通りの緑地帯には、
まっすぐに茎を伸ばし赤く鮮やかで妖艶な花をつけた
彼岸花が何本も咲いていました。

 

 

今はもう、かなりお歳を召されたご夫婦が、

その花の名を「彼岸花だ」「曼珠沙華よ」と
お付き合いしたての頃にお互い譲らず言い争ったと聞いたのは、
まだ私が小学生低学年の頃のこと。

 

 

子供の頃にそんな話を聞いたもんだから、
それから何十年も、
毎年この季節に彼岸花を見るとその話とそのご夫婦のことを思い出します。

 

 


彼岸花には毒が有ると知ったのもあの頃。

触るとダメなのか食べるとダメなのか、
よくわからなかったけど、

(実際には球根部分に毒が有り、
食べると吐き気、下痢、中枢神経の麻痺をおこし、死に至る場合もあるそうです。)


とにかく近寄ってはダメなような気がしていたので、

結局今の今まで一度も彼岸花には触ったことがありません。

 

 


墓地に彼岸花が植えられているのは、

その毒で、遺体を動物から守るためだと聞いたことがあります。

 

 

田んぼの畦道に並んで咲く彼岸花

そんな光景をあちらこちらで目にします。

 

 


なぜ田んぼに多いかというと、

その毒でモグラや野ネズミを防除するためなんだそうです。

 

 


また、
実は、飢饉に備えて植えたという説もあるのです。

 


えっ?毒が有るのに?

と思ったのですが、


彼岸花の球根にはデンプンが含まれ、
水にさらしたら食用となるので、
昔は飢饉に備えて田んぼのあぜ道に植えたんだそうです。

 

 

ちなみに食用にするには、

すりつぶし、充分に水でさらして毒抜きをすることが肝心だそうです。

 

 

うぅーん、
充分ってどれくらい??

こわいっ。(−_−;)

 

 


危険を覚悟してまで口にしなければならなかったとは。。。

 

 

この飽食の時代では考えられない、
昔の方の苦労が偲ばれます。

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

オジギソウの秘密

 

 

 

9月21日、今日の京都市左京区は晴れ。

日中の外は汗ばむくらいの陽気でした。

 

 

一昨日のオジギソウのブログを読まれた方が教えて下さいました。

 

 

『なぜ、資材置き場と化していた青伸ホームの庭で、

オジギソウだけが、

あんなにも元気に育っていたのか』を。

 

 

なんと、オジギソウの原産地は、

一年中気温が高いブラジルなので、

あまり湿地を好まないんだそうです。

その上、競争をさけるために、
他の植物が育ちにくい乾季に発芽し成長するんだそうです。

 

 

あぁ(=゚ω゚)ノだから、工事中の夏の間、なんにも水をやらなかったのに、

他の植物は枯れたり弱ったりしたのに、

オジギソウだけが元気に育っていたのですね。納得。

 

 


とはいうものの、

オジギソウにも、熱さから来る水分蒸発による干からびの恐怖はあります。

 

 

そこでこのオジギソウ、

光合成の必要の無い夜間には
葉を閉じ、
少しでも葉から出る水分の蒸発を防ごうと考えたのだそうです。

 

 

オジギソウは、夜になると勝手に葉を閉じて眠ってしまいます。

夜はオジギソウで遊べなくなるのでつまんなかったことを思い出しました。

 

 

また、オジギソウが育つ乾季には、
他の植物が育たないので、動物に狙われやすくなります。

 

 

そこで、生きていくためにした工夫が、

触ったらすぐに葉を閉じ、枝を折れ曲げるという動きです。

 

 

葉と枝が下を向くと、

茎に付いている鋭いトゲに気づきます。

 

 

食べられないようにするために、

口にトゲがささるようにしているのだそうです。

 

 

そういえば青山社長が鉢から地を這うように
成長したオジギソウの植木鉢を持ってくる時、

「痛っ!痛っ!」と言っていました。笑

 


食べないのに、

トゲにささっていたのですね。笑

 

 

正直、オジギソウには
思ったよりも生きる力があり優秀なので驚いています。

 

 

日本へは、

オランダ船により、江戸時代後期に持ち込まれたそうなんですが、

ちゃんと帰化して繁殖しているところをみると、

 

 

きっと、おそらく、日本では、

オジギソウも平和ボケしてるんでしょうねー。

 

 

 

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...