よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

元号制度

3月25日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。

お友達から、「さっき御所の近く歩いてたら、目の前とおらはったよ!」と、
天皇皇后両陛下が車からにこやかに手を振っておられる写真が送られてきました。

退位に伴う儀式で京都入りされていたんですね。
元号は、何になるんでしょうね。

元号といえば・・・

元号制度」の始まりは、
古代中国の前漢武帝が即位翌年(紀元前140年)を
「建元」元年と定めたのが最初だとされています。

帝王が暦を作って人民に示すことで治世を知らしめ、
国家や国民統一を意識させる政治的な狙いがあったそうです。

その後、東アジアを中心に用いられてきましたが、
だんだんと西暦にとって代わられていき、
1945年にベトナム元号を廃止した事によって、
現代では、日本だけが元号を伝承しているのだそうです。

日本の最初の年号は「大化」。

645年の「大化」の改新から「平成」31年までの1374年間、
247の元号が使われてきたのですが、
ほとんどが、平均5年前後で改元されており、
20年以上続いた元号は今日までで12例しかないのだそうです。

改元は、天皇の即位やおめでたいことがあった時の他に、
天災などの災いが起こったときなどに年の数値をクリアし、
また元年から数えなおす方法になっています。

だから「昭和」の64年間は驚異的に長い期間であり、最長の元号ということになるのです。
ちなみに、2位は「明治」の45年、3位は「応永」の35年、3位は「平成」の31年です。

そして、最短の元号は「暦仁」の74日です。

74日間かぁ・・・。
それはさすがに慌ただしい。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

届けられた現金

3月22日、今日の京都市左京区は曇り。
真冬とは違う寒さだけど、風の冷たい寒い1日でした。

多くの桜の木が、伸びた枝にピンク色の蕾を小さく膨らませ、
暖かい陽射しを待ち望んでいるようです。

北大路通りを歩いていると、数メートル先の葉っぱもなにもついてない街路樹に
白い花がひとつだけ咲いているように見えました。
近づくと、白いコサージュが人の目線近くの枝先に留めてあるだけでした。

誰かの卒業式の落し物でしょうか?

落し物といえば、年間どのくらいの「現金」が警察に届けられているかご存知ですか?

これは平成28年の統計ですが、なんと、177億円なんだとか。
それも、この金額には財布の中に入った現金は含まれていないとのこと。
裸か封筒に入った「現金」のことなのです。

そのうち東京都で届けられた現金は36億7000万円。

1日に約1000万円が拾われていることになります。

東京都内の地下鉄だけでも落とし物として届けられる現金は、
年間3000万円以上に達するそうですよ。

平均すると1日80万円以上の現金が地下鉄車内で落とされていることに。

(´⊙ω⊙`)

ちなみにこの年に、落とした人に返還された現金は約27億円。

持ち主が判明せず拾った人に引き渡された現金は約5億円。

その他の理由で東京都に帰属された現金は約4億4千万円とのことです。

これ、東京都の臨時収入になるそうですよ。


ちなみにちなみに、
全国で落とされた177億円というこの金額は、

トランプ大統領の05年の年収に匹敵する金額なんだそうです。


( ゚Д゚)




京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

どこのゲートが開かれる?

3月20日、今日の京都市左京区は晴れ。
暖かいポカポカ陽気です。

お彼岸ということで、お墓参りに行ってきました。

お彼岸には春彼岸と秋彼岸の2つがあり、
春分の日秋分の日の前後3日の7日間ずつを言いますが、

子供の頃、なんとなく「お彼岸」という言葉の響きに
怖さを覚えた記憶があるのは何故なんでしょう?

ウソか本当かわからない、いわゆる幽霊話の結末を
「お彼岸だからねぇ〜」などと言う言葉で締めくくられたりしたからでしょうか?

春分の日秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈み、
昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といい、
その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。

「あの世」「極楽浄土」は西にあるとされているのですが、

太陽が真西に沈むときに昼夜・東西が平行になり、
遥か彼方の三途の川の向こう側の「彼岸」と、
こちらの岸「此岸」が最も通じやすくなると考えられているのだそうです。

異世界のゲートが開かれるから、
お彼岸にお墓参りに行く風習が出来たんですね。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...