読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

鴨川浚砂持之図|御霊神社|上京区

京都市上京区 京都市左京区

 

8月25日、今日の京都市左京区は曇りのち晴れ。
少し厚い雲の下、夏休みを終えた小学生や中学生が
友達とお喋りをしながら楽しそうに学校へと向かっています。

肩を少し前に丸め、足早に小学校と反対の方向に歩いている男の子がいます。
友達を迎えに行くには少し間に合わないんじゃないかな、という時間です。
途中で夏休みの宿題を家に忘れたことを思い出し、
取りに戻っているところでしょうか?


北大路橋の南東、
数ヶ月前は、幹と数本の細い枝、その枝に付いた数枚の葉っぱ、
たったそれだけを残されて、ザンギリ頭のような無残な姿にされていた中ぶりの木が、
いつの間にか、放射状にたわわに枝を伸ばし、
濃い緑色の広葉をたっぷりと付けています。
あの頃の姿はありません。もう立派な木です。


北大路橋から見る鴨川の中洲が、ヨシやススキで覆われています。
人の背丈ぐらいは、あります。
中洲自体も、随分広がってきているように感じます。
鴨川は流れが緩やかなので、土砂がたまりやすいのでしょうね。

鴨川は、昔から何度も氾濫を繰り返してきました。

江戸時代には、町衆が総出で
中州を浚渫(しゅんせつ)する工事「砂持(すなもち)」が度々あり、
一種の祭事となっていたそうです。
「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」(京都市上京区上御霊竪町)に残る
1856(安政3)年の絵馬「鴨川浚砂持之図(かもがわざらえすなもちのず)」には、
町衆が花笠をかぶって踊る様子などが描かれているそうです。

中洲は、そこに住む鳥や魚たちにとっては、最高の住処。
5年後か10年後か20年後か、きっとまた治水工事は行われます。
せめて次の「砂持(すなもち)」までは、穏やかに暮らしてほしいものです。

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

小さなビオトープとオニヤンマ|左京区

京都市左京区

 

 


8月23日、今日の京都市左京区は晴れ!
京都市は、まだ台風の影響もなく、暑いです。

皆さんは、「処暑」(しょしょ)という言葉を聞かれたことはありますか?

1年を季節ごとに24等分したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)といいます。
季節の移り変わりを表す言葉として用いられることが多いので、
立春」や「「啓蟄」「立夏」「大寒」などは、ニュースでもよく耳にします。
春分」「夏至」「秋分」「冬至」なども二十四節気です。
二十四節気の月日は、年毎に微妙に変化します。

その二十四節気の中の一つに「処暑」というのがあって、
今年の「処暑」は、今日、8月23日なのです。

処暑」が表すものは、「夏の終わり頃」です。
処暑」の前にある二十四節気は「立秋」です。
今年の「立秋」は、8月7日でした。

暦の上では、「立秋」から「立冬」の前日までが秋ということになるのですが、
処暑」の頃に、「だんだんと暑さがおさまる」とされています。

また、昔から、「処暑」の頃は台風が来やすい時期とされてきました。
たしかに、トリプル台風が来ています。。。
これらの台風が通り過ぎたとき、日本列島も秋らしくなるのでしょうか?


青伸ホームの空き地のような庭は、そろそろ秋のようです。

先日から、イナゴが居座っています。
稲は植えていませんが、この小さな庭の何を狙っているのでしょうか?

小さな小さなビオトープにはホテイアオイが薄紫色の花を次々と開花させています。
30センチぐらいの背丈のオモダカは、葉っぱを食べられてしまって、
ひょろひょろと心細く突っ立っています
蓮の葉も何者かに食べられています。
イナゴでしょうか?バッタでしょうか?

今日、オニヤンマが、
メダカと鯉と金魚とドジョウが楽しく平和に暮らしている
小さな小さなビオトープにやってきて、
卵をたっぷり産んで、安心した母親の顔をして飛び去っていきました。。。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

日本も命名、台風「コンパス」|左京区

京都市左京区

 

 

8月22日、今日の京都市左京区は晴れ。
台風の影響でしょうか、少し風があります。

台風9号は千葉県に上陸して、
大雨で崖が崩れ、西武多摩湖線が脱線したそうです。
乗客に怪我はないとのことですが、怖いですね。。。
台風の影響がある地域の方々は、本当に気を付けてくださいね!


今、日本列島に接近・上陸しているトリプル台風のことを
私たちは「台風9号」「台風10号」「台風11号」と呼んでいますが、
実は日本の台風にも、カタカナの名前が付いているのをご存じですか?

アメリカでは、「現在ハリケーン『サンディー』が上陸しました!」
「超大型ハリケーン『カトリーナ』がアメリカ南部を襲来しています!」
など、英語名(人名)がついていますが、
2000年から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風にも
同領域内の国々が提案した名前を付けることになったのです。
各国が付けた名前は全部で140個。
1番から140番までの番号が付けられて、
意味と命名国と共に登録されています。

2000年の台風1号には、
カンボジア」が命名した「象」という意味で1番に登録されている
「ダムレイ」というカタカナ名が付けられました。

今年の「台風9号」には101番目に登録されている
「ミンドゥル」という名前がついています。
意味は「たんぽぽ」で命名国は「北朝鮮」です。
台風10号」は「ライオンロック」
意味は「山の名前」で、命名国は「香港」
台風11号」は「コンパス」
意味は「コンパス座」で、命名国は「日本」です。

日本の命名した台風は
「5・19・33・47・61・75.・89・103・117・131番」に登録されていて、
順番に「テンビン・ヤギ・ウサギ・カジキ・カンムリ・
クジラ・コップ・コンパス・トカゲ・ハト」で、
すべて星座名だそうです。


「他の名前なかったんかいっ!」って、おもわずツッコムところでしたが、
星座名と聞いて納得です。

 

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...