よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

一般常識

 

12月17日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

 

突然長女が、

「なんで2枚目っていうの?」

「1枚目ってどんな顔?」

と聞いてきました。

 

1つ目の質問は、いいとしても、

ときたま、妙に常識がないことを聞いてくるので、親として焦ります。笑

 

ちゃんと教えました。

というか、

手っ取り早くWikipediaを読み上げました。

 

「二枚目」という用語は、歌舞伎用語をもとに、江戸時代に生まれた。
歌舞伎の看板は、通常は8枚から成っていた。
一枚目の看板は「書き出し」と言われ、主役の名が書かれ、
二枚目の看板には若い色男の役者の名が書かれることになっていた。
また、三枚目の看板には道化役の名が書かれることになっていた。

 

と。

 

偉そうなことを言いましたが、

常識というものを常識として知っているかというと、これが怪しい。

というか、かなりヤバイ。

 


「一般常識の問題集」というサイトを見つけたので、

その中の、この正答率低いんと違う?と思う問題を少々・・・。

 

では、スタート。

 

1、日本でいちばん高い山は富士山。

 それでは 2番目は?


2、茶室の入り口が小さく作られた理由は?


3、インターネットのWWWは何の略?


4、「.com」の「com」って何の略?


5、鉛筆の「HB」って何の略?


6、「ケリをつける」の「ケリ」とは?


7、「ガッツ」って元々何のこと?


8、「バイ菌」の「バイ」って何のこと?


9、米大統領シークレットサービス(護衛官)
 がサングラスをかけている理由は?


10、レオナルド・ダ・ビンチ作の『モナ・リザ』の
 「リザ」は人名、では「モナ」の意味は?


11、日本の国鳥は?


12、大きな動物病院で犬を飼っているのは何のために?


13、七福神の1人の大黒様は大きな袋を持っていますが、中味は何?


14、大工さんが釘を口に含むのは、取り出しやすさと他には何のため?


15、「にっこり」の反対語は?

 

 

1、北岳


2、刀を持ちこませないため


3、world wide web


4、コマーシャル


5、ハードブラック(hard black)


6、和歌や俳句の語尾につく「~けり」


7、内臓


8、カビ


9、カメラのフラッシュによるまぶしさを防ぐため


10、婦人


11、キジ


12、他の犬に輸血をするため


13、みんなの願い事


14、釘を錆びさせて、抜けにくくするため


15、むっつり

 

 

どうでしたか?

常識って、なかなか難しい。


そして、青山社長は、2枚目半♪


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

広告を非表示にする

どう生きるか。


12月15日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り。

昨日より少し寒さが和らぎ、掃除中の換気が、ひんやりと気持ちのいい朝でした。

 

小学校2年生のお孫さんを持つおばあちゃまの悩み話。

 

12月も半ばになり、今年度に学習した漢字のまとめテストで、

今まで覚えてたはずの漢字が書けずに、

お孫さんが多くのペケを貰ってきたとのこと。

どうしても思い出せなくってペケが付くことは、
漢字のテストなんかでは、よくあること。

 

でも、

その子の答え方、考え方が、おばあちゃまを不安にさせた。

 


「もう授業で終わったやつやし、忘れてもいいやろー?」

 


この発言、

他人からすると、子供の勘違い発想で、

「いやいや、要るし。笑」

と返し、笑い話で終わりそうなものである。

 

しかし、お孫さんの性格やら何やら熟知しているおばあちゃまからすると、

この子のこの発言は、

 

「使い捨て発想」であり、

「その場限り」

「今をクリアしたらなんとかなる」

 

といった、

なんでも使い捨てが当たり前になっている

現代の日本人の考え方を顕し、

 

小学2年生でありながら、
既にその場凌ぎの生き方をすることが身についてしまっていること、

そのことにおばあちゃまは恐怖すら覚えられたのです。

 

別にこの子は、新しい漢字を習ったときは一生懸命頑張っていたのです。

宿題も出るし、習ってすぐの小テストの点数もとらないといけない。

 

ただ、もう終わったと思って、忘れてしまったのです。

 

私は、最近の子供たちは、ある意味すごく真面目だと思っています。

ほとんどの子が大学受験への勉強もすごく頑張ります。

 

でも、その頑張りが、どこか「もぐらたたき」のように見えるのです。

目の前のもぐらを叩くことに必死だけど、ゲームオーバーになれば終わり。

そんな感じに見えます。

 

せっかく頑張れるチカラが有るのだから、
もっと有効利用すればいいのに、と思います。

 

人生の目標を持っている子は、
そのチカラを使って上手く生きれているように見えます。

 

大人が、学校が、

子供たちに「どう生きるか」「人生で何が大切か」
ということを教えることができたらいいのだけど、


今を生きる我々大人も、どこか追われるように必死に生きているところもあり、

子供たちに教えるほどには、まだ成長していない段階なのかもしれません。

 


当の小学2年生のお孫さんは、

「漢字は一生必要やで!」とおばあちゃまに言われ、

「はーい( ̄ー ̄)」と返事していたけれど、

 

はてさて、この子に、どれだけのことが伝わったのでしょうか?

 

私も、まずは、一番身近な我が子と、

「もぐらたたき」で培ったスキルを活かし、
どう生きるかを、一緒に模索していきたいと思っています。

 
京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

まるでこたつソックス♪


12月14日、今日の京都市左京区は晴れ時々曇り、ちらちら雪や雨。

今日も寒い1日でした。

 

顔が痛く目が乾いてくるので、極力エアコン暖房はつけたくないんだけど、
そうも言ってられず、苦肉の策として、
開け放たれたドアの隣の部屋でつけるという裏技を使っています。

 

最近活躍しているのが、長女が家族みんなにお土産〜♪と気前良く
大学帰りに寄ったロフトで買ってきてくれた
「まるでこたつソックス」という靴下。

 

市場には多くのあたたかソックスが出ていて、
全部比較したわけではないから、
一番なのかどうかは分からないけれど、

暖かいんです。

 

『独自の温熱刺激で足首をあたため、つま先まであったか。』

と、パッケージに書いてあるのですが、

この、独自の温熱刺激ってヤツが良いからなのか私には分からないけれど、

とにかく暖かいんです。

 

これは、いい。

 

早速、婆さまや爺さまや寒がりな友人にあげるべく、
ネットで追加購入しました。

 


『クビ』と名のつくところを温めろ、

と昔からいいますが、

コレほんとにそうだと思います。

 

首、手首、足首と『クビ』のつくところは、
血管が表面に浮き出ているから、
全身に流れる血液を温めやすいんでしょうね。

 


そういえば、
キリンの首は、あんなに長いのに、
頚椎の骨は人間と同じ7個なんですって。

 

そして、ナマケモノマナティ以外の殆どの哺乳類の首の骨が7個なんですって。

 


ちなみに、キリンの睡眠時間は20分。

脳が完全に休んだ状態は1分ぐらいだとか。

草食動物だと思っていたら、

キックはライオンの頭を砕くほどだし、

走れば時速50キロ!

時々小動物なども食べるんですって!

 

 

・・・。(・ω・`)

 


なぜにキリンの話に・・・。

 


と、とにかく、

「まるでこたつソックス」オススメです♪

 

 

f:id:ao0757082007:20171215043142j:plain

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...