よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

今日、たくさん見たもの。

9月19日、今日の京都市左京区は爽やかな秋晴れ。涼しいです。

 

今日大原に行く用事があり、たくさんの彼岸花を目にしました。

 

彼岸花という花からは、なんともいえない独特の妖しい雰囲気を感じるのですが、
なぜなんでしょう?


あの花の形状と赤い色から?

まっすぐ伸びた茎に葉がないから?

 

彼岸花曼珠沙華と呼ばれたりたくさんの呼び名で呼ばれていますが、
「はみずはなみず」とも呼ばれているのをご存知ですか?

 

鼻水じゃないですよ。

「葉見ず 花見ず」です。

 

というのも、彼岸花は、普通の植物と逆のサイクルで生長するので、

「花のある時期には葉がなく、葉のある時期には花がない」という特徴から
そのように呼ばれているのだそうです。

 

今咲いている花も1週間ほどで花も茎も枯れてしまいます。

そして今度は球根から緑の葉っぱがすくすくと伸びてくるのです。

冬になり、周りの植物が枯れても、たわわに茂った葉っぱのままで冬を越します。

そして春にはその葉っぱで光合成をして、せっせと球根に栄養をためるのです。

そして、なんと、夏を迎える頃には葉を全部枯らして休眠期に入ってしまうのです。

やがて秋になり、秋雨をたっぷり吸い、急成長して花を咲かせるのです。

 

そのように生長した彼岸花が、そこここでたくさん見れました。

 

 

一方山の中では、たくさんの杉の木が、根元から大きく抜けて倒れていたり
折れていたりなぎ倒されていたり・・・。


山の斜面に見覚えのない山肌がぽっかりあいていたり・・・。

 

改めて今回の台風の猛威を知るとともに、
この山の中が元に戻るのには一体どれぐらいの時間がかかるのだろう?

人間の手を入れないと、どうしようもないのだろうな、などと思い

 

道中、窓の外から目が離せない移動となりました。

 

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

むかしむかしのことを考えてみる

9月17日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

 

人の話し声というものは時として耳に入ってくるもので、

人待ちで手持ち無沙汰な時は尚更聞こえてくる。

 

あるお店で女子中学生たちの会話。

 

誰のことが好きなのか、と、ガールズトークで盛り上がっている。

 

「○○くん?え?ちがう?」

「うん・・・」

「うそーっ!」

「マジ?当てずっぽうで言ったのにー!」


小声のつもりのようだが、キャーキャーと賑やかなことである。

 

はちきれんばかりの若いエネルギーの中に放り込まれた
「当てずっぽう」という言葉。


そういえば最近聞かないなぁ、なんて思いながら、
やって来た友人に手を挙げた。

 

この、根拠もなにもない推測、「当てずっぽう」という言葉、

由来の諸説は大きなものとして2つあり、


1つは、江戸時代に遡り、当時は、「当て推量(あてずいりょう)」と言っていて、
これがさらに略されて「あてずい」とも言われ、

それが「あてずい坊」と擬人化され、
さらにそれが崩れて、ついに「あてずっぽう」になったというものです。

 

2つ目は、「当て寸法」に由来する説で、

「あてすんぽう」が「あてずんぽう」となり、
さらに変化して「当てずっぽう」となったというものです。

 

何気なく使っている数々の言葉。

昔々に生きていた人々の間で作られ使われ変化してきた。


そもそも言い出しっぺは誰?どんな人?なにしてた人?


昔々の人たちがいて、今の私たちがいる。


私たちがいてこの子たちがいる。

積み重ねられてきた歴史のことに思いを馳せた。

秋だから・・・?(。´・ω・)?

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

1ヶ月の料金

9月15日、今日の京都市左京区は曇り時々雨。

 

随分涼しくなってきたけど、
やっぱりドライをつけたくなってつけてしまいます。

北海道では、まだ節電なのに。

 

節電といえば、

高校生ぐらいの時に、
何故その紙を拾ったのか手にしたのか忘れたけれど、

あるところの「電気使用量のお知らせ」の明細を目にすることとなったのです。

 

家の電気代が幾らぐらいかも知らない年代ながら、
その明細に「高っ!」と思い、
ついつい氏名を見てみれば、
どうやら何処かの何かのお店らしく、
お店ってこんなにかかるんやー、なんて思ったことを思い出しました。

 

電気代は、電力会社や契約内容によって変わりますが、

だいたい平均値をとったら、


毎日10時間使用したとして、

扇風機は1ヶ月あたり350円、

エアコンは4000円
になるらしいのですが、

 

空調と冷蔵庫が24時間フル稼働のコンビニの電気代は、
1ヶ月およそ39万円になるそうです。

 

では、あの煌びやかなパチンコやさんはどうでしょう?

 

空調とパチンコ台を動かす電気代とたくさんのコンピュータ。
凄いんだろな、と思ったら、
なんと、1ヶ月およそ172万円だそうです。

高いですねー。

 

ちなみに、ライトアップなどをしている観光名所に関していうと、


日没から24時までライトアップしているレインボーブリッジでおよそ75万円。

 

夜間ライトアップしている東京タワ一は1日21000円で1ヶ月63万円。

オールLEDの東京スカイツリーは48万円なのだそうです。

 


だんだん高いのか安いのか基準がよくわからなくなってきましたが、
やっぱりLEDはお手頃価格ということになるのでしょうか。

 


話はズレますが、

LEDになってから街灯が暗いっ!

そう思うのは、私だけでしょうか???

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...