よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

どっちがいいの?

5月18日、今日の京都市左京区は曇り時々パラパラ雨。風の強い1日でした。

最近、道路や歩道の上を飛び交うツバメの数が日に日に多くなってきたように感じます。

通りを歩くときは、歩道に落ちているフンを見て→軒下を覗く、
という行動が習慣になってきました。

見つけると、なんだか嬉しいものです。

ツバメは子育てのために、
フィリピンやインドネシア、マレーシアなどからやってきます。
ん?
越冬のために暖かい国へ行く、というのが正しいのでしょうか???
(´⊙ω⊙`)

とにかく、3000km〜5000kmという長距離、海の上を飛び続けるわけですが、

その年に生まれた若鳥たちのほとんどが、南の島へ渡る途中で天敵に襲われたり、
天災に巻き込まれたり、力尽きたりして死んでしまい、
若鳥の1年後の生存率は1割にも満たないといいます。

なんでそこまでして日本にやってくる???(´⊙ω⊙`)

訳がありました。

ツバメの主な餌は、トンボ、ハエ、蚊、蝶、蛾や、それらの幼虫なのですが、
日本では、それらの虫が、ツバメがやってくる3月〜9月頃に増えてくるからです。

ツバメは毎日100匹ぐらい食べないといけないそうです。
雛にも与えなければいけないですからねぇー。

南の国の方がうじゃうじゃと虫がいそうな気がするのですが、
意外と熱帯雨林は、虫が育つのに適した土が少ないのだそうです。

倒木なども微生物の活動が活発なため、あっという間に分解されて、
虫が必要な栄養を含んだ土として定着しないからだそうですよ。

虫を餌として狙うライバルも多そうです。
雛を狙う外敵も多そうです。


渡り鳥として生きた方が、生存率が上がるのかもしれませんね。

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

ミスキャスト?

5月14日、今日の京都市左京区は曇り。
青伸ホームのある左京区から少し足を延ばすと、
まだまだ緑が残るところも多く、この季節は、田に水が張られ、
植えられたばかりの苗が小さく揺れています。

水場を見つけたカモが降り立ち、
時折泥の中をついばみながら苗と一緒に揺らいでいる姿を見ると、
こんな景色の中で育ったことはないのに、何故だか妙に懐かしい思いがします。

車で深泥池の横の道を通過した時、色鮮やかなオスのキジを見かけました。
今まで見たキジの中で最も美しいと感じたのですが、繁殖期なのかな?

キジといえば思い出すのは「桃太郎」のお話。

子供の頃、なぜ桃太郎が「犬」「猿」「キジ」という
あまり強そうではない動物をお供に連れて行ったんだろう?
彼らは一体どのように役立つのだろう?
なぜ勝てた?頭脳プレイ?鬼は図体がデカかっただけ?
と、「桃から生まれたこと」よりも、そちらが気になって仕方がありませんでした。

このメンツ、
強そうな虎や熊ではなく、
このメンツ、

ミスチョイスでも適当に選ばれたわけでもなく

実は、「鬼門」と「裏鬼門」が関係していたのです。

北東の「鬼門」は災いの方角で、鬼や邪気が通ると言われていて、
その真逆の南西の方角は鬼門を封じ込める方角とされていて「裏鬼門」といいますが、

この裏鬼門に位置する十二支が、
戌(犬)と申(猿)と酉(鳥)なので、
鬼退治のメンバーにえらばれていたのです!(´⊙ω⊙`)

意味があったのですねー。


ちなみに、「鬼門」側の十二支は
丑(うし)と寅(とら)です。

思い出してください、鬼の姿を・・・。
赤鬼でも青鬼でも構いません。

牛のようなツノを生やし、
虎の皮の腰巻きをして・・・


・・・


Σ(・Д・) 丑寅っ!!!

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

なにより大切なのは

5月13日、今日の京都市左京区は晴れ。
ここ数日、最高気温も5月にしては高く、
窓を開けていてもほとんど風が室内にはいってこない日が続いています。

空を見上げていると、ヘリコプターが1機少し遠くを飛んでいました。
しばらくするとまた別の1機が頭上を横切って行きました。

ヘリコプターは民間人の交通手段としては滅多に利用されないので、
2機も飛んでいると何かあったのかな?なんて思ってしまいます。

ヘリコプターのように羽を回転させて空中に浮かぶ仕組みは、古くから考えられてきました。

「竹とんぼ」は、紀元前の中国の文献に登場し、日本でも奈良時代の遺跡から発見されています。

15世紀にレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたヘリコプターのスケッチは有名ですが、
飛ぶには至りませんでした。

蒸気機関によるヘリコプターを研究した人もいました。

明王トーマス・エジソンも火薬を使ったヘリコプターの実験をしましたが、
派手な爆発事故を起こしてしまい断念。

そんなこんなで、実用化は飛行機よりも遅く、20世紀の中頃になってしまったそうです。

そんなヘリコプターのプロペラの回転速度は、
扇風機の「弱」よりも遅い速度なんだとか!(´⊙ω⊙`)

扇風機の「弱」が1秒間で13回転。
ヘリコプターは1秒間で6.5回転。

なんでも、大切なのは、
「回転速度」よりも「大きさ」と「長さ」なんだそうです。

揚力は、プロペラを斜めにして回転させて下方向に強い風を発生させて作り出されます。

プロペラの面積を大きくすると抵抗が増えて効率が落ちてしまいます。

長くしすぎてしまうと先端が超音速に達してしまい不安定になってしまいます。

枚数を増やすとエンジンが重くなってしまいます。

・・・と、なかなか難しいのだそうです。

ちなみに、タケコプターですが、
もしアレが開発されて頭につけたら、

頭の皮は全部メリメリっともっていかれ、頭蓋骨は粉々になるみたいですよ。

Σ(・д・lll)


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...