よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

知らなかったこと。

2月16日、今日の京都市左京区は雨。
シトシトと降り続いています。


「食べすぎる」のは別として・・・
ナッツ類が健康や美容に良いということはよく知られています。

小腹が空いた時に、ついつい甘いものを食べすぎてしまうので、
無塩無添加のアーモンドでも買っておこうとネットで見ている時に見つけました。

f:id:ao0757082007:20200217001818j:plain

(´⊙ω⊙`)

カシューナッツ」って、こんなできかたするんですね・・・

 

(O_O)

全然知りませんでした。。。

 


と思ったら、こんなのも見つけました。

https://matome.naver.jp/m/odai/2137272464911604901

 

芽キャベツに“オォ(°▽°)”と思ったけど、

ジャボチカバとかいうよく知らない果物・・・

 

集合体恐怖症の人には、キツいかも?????

 

f:id:ao0757082007:20200217001945j:plain

f:id:ao0757082007:20200217001955j:plain



京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

三色団子

2月13日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。
昨日から急に暖かくなりました。

三色団子をもらいました。🍡
年中食べられるピンク・白・緑色の三色団子ですが、
淡い色合いからか、「花見団子」の別名もあるからか、
この時期に食べると「春到来!」という感じがします。

それもそのはず、
ピンクは桜や春を、白は3月3日の桃の節句に飲む白酒を、緑は、芽吹く緑やよもぎを表しているとのこと。

日本書紀を見てみると、812(弘仁3)年、嵯峨天皇の時代にはすでにお花見が行われていたと記されています。
しかしこの時代のお花見とは、一部の貴族たちが和歌を詠み合い、雅楽や舞などの風流を楽しむ遊びだったようです。

現代のような飲食宴会付きのお花見になったきっかけを作ったのは、なんと、豊臣秀吉だったとか!

なんでも、1598(慶長3)年に秀吉の命で開催された『醍醐の花見』は盛大で、
醍醐寺には正室や側室、嫡子、配下の武将やその一族など1300人が招待され、
このために桜の木を700本も移植し、
参加する女性陣には2回以上のお色直しが命じられるほど、豪華できらびやかだったと記録されています。

派手好きな秀吉らしいお花見ですね。笑

振る舞われた食事も勿論豪華で、各地の銘酒や、見た目も美しく珍しいものがとり揃えられたそうです。
 
その時のお茶菓子として振る舞われたのが三色団子でした。

この時代の一般的な団子は白一色で、甘くなく醤油などをつけて食べていたので、
団子好きだった秀吉が考案させた、このほのかに甘い三色団子は見た目も可愛く美味しかったことでしょう。

このお花見から、宴会に三色団子という風習が全国的に広まり、江戸時代になると庶民の間でも流行するようになりました。

この頃に出来た諺が「花より団子」です。

歴史的背景を考えると、納得できる諺ですね。

ちなみに団子の並び色順、自信を持って答えられますか?

上からピンク・白・緑色となっていますが、実はこの順番にも意味があるそうで、

ピンクは「桜の花のつぼみ」
白は「満開の桜の花」
緑は「花が散ったあとの葉桜」と、桜の移ろいゆく様を表現しているとか。風流ですね。

これでもう間違えませんね。笑


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >

疑問符「❓」

2月10日、今日の京都市左京区は曇り時々少し雨。2月10日、今日の京都市左京区は曇り時々少し雨。今日も寒いですが昨日の底冷えするような寒さと比べると随分マシな気がしました。
「美容院で渡される雑誌」というのは、全ての美容院に共通する訳ではないけど、お客さんの「年齢」や「服装などから分かる見た目」で、判断している、というリサーチ記事を目にしました。
そこに書いてあったことを抜粋すると、
男性の場合は、あまり年齢を意識せずに、『モノ・マガジン』や『GetNavi(ゲットナビ)』などのガジェット系のアイテム雑誌や、『Number』などのスポーツ雑誌を渡すことが多いそうだけど、
女性用には、年齢別に様々な雑誌を用意しているとのこと。
20代・30代には、「30歳からの働く女性に向けて」のファッション誌『Oggi』。40代以上の女性には、40代向けのファッション誌 の『CLASSY.』や『STORY』。『CLASSY.』は、カジュアルな女性に、『STORY』は、カチッとした感じの女性に用意しているとのこと。50代以上の女性には『女性セブン』や『週刊女性』のような女性週刊誌が多いけれど、
年齢や見た目だけでは既婚か独身か分からないので主婦向け雑誌を外している美容院もあるとのこと。
超万人向けな雑誌の『おとなの週末』や『dancyu』などのグルメ雑誌と、『東京ウォーカー』などのトレンド情報誌を織り交ぜた2〜3冊の中から選んでもらうことも多いのだとか。
もう12、3年通っている私のお気に入りの美容院で、よく私の前に置いてある雑誌は、アラサーアラフォー向けのファッション誌の「VERY」や「STORY」。キラキラと輝く綺麗な若いママたちを演じるモデルさんが目の保養になります。ほんと綺麗。
しかし時々それらの雑誌が出払っているのか「VOGUE JAPAN」などのオシャレすぎる雑誌が置かれていると、美の基準が何処にあるのか全く理解できず、摩訶不思議な服装や、顔をキャンバスにしたような化粧のモデルさんたちに、私の頭の中は感嘆符と疑問符で溢れだすのです。要は、オシャレすぎてついていけず持て余してしまうのです。
しかし、そんな中に載っていた記事の、こんな3語に心を掴まれました。
それは、史上最も成功したモデルのジゼル・ブンチェンが自身を表現するこの3語。

『愛情深い・勤勉・楽観的』


人として生まれ生きていく上で、とても大切な「モノ」だと思いました。
はたして私は自分のことをこのように表現することが出来るのだろうか???新たな疑問符が私の頭の中を占めはじめます・・・。

___________________________________━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の新物件情報です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html

新築戸建 京都市上京区鳳瑞町       4380万円
中古マンション シャルマン北山堀川ハイツ 3B号室     京都市北区紫竹下本町      1350万円
中古戸建 京都市左京区下鴨蓼倉町     1580万円
中古戸建 京都市上京区南清水町      380万円
店舗   パレステート日生熊野111号     京都市左京区聖護院山王町    1200万円


本日の価格変更です。⇒https://aoshin-home.jp/search/area.html
中古戸建 京都市上京区烏丸町       7300万円
中古マンション クレステージ今出川通り東館     京都市上京区西北小路町     4680万円
新築戸建 京都市左京区一乗寺釈迦堂町6号地  4180万円
中古戸建 京都市左京区下鴨萩ヶ垣内町   3980万円
新築戸建 京都市北区紫竹西野山東町D号地  3780万円
中古戸建 京都市北区衣笠東御所ノ内町   3499万円
店舗   京都市左京区下鴨北園町    15000万円
中古戸建 京都市左京区北白川仕伏町   990万円
中古戸建 京都市上京区若松町      150万円
売土地  京都市北区衣笠天神森町    5280万円


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...