読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

英語と日本語のニュアンス|左京区

京都市左京区


12月18日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。

なぜか最近、たまたま、若者たちが「リベンジ」という言葉を使っている場面に何度か遭遇しました。

「ユニバでフライングダイナソーのれへんかったやんかー?次行った時リベンジする?」

「この間抹茶屋さんしまっとったやんかー?次またリベンジするー?」

「ガチャガチャいいのでーへんかったし、もう一回リベンジしにいこー!」

などなど。

「いや、そこはリベンジじゃなくってリトライやろ( ̄▽ ̄)」
と、私の心の声が漏れそうになります。

《 revenge 復讐、仕返し、報復》

(u_u)わかってますよ。
カタカナ英語ってやつですよね。
英語では「復讐」だけど、日本語では違ったニュアンスで使われてるんですよね。

でも、revenge は「個人的な動機による復讐」を意味し、
自分に悪いことをした相手に対する、恨みや怒りに基づいた行動を指すんですよー。

だから、どうもこの言葉があんまり好きじゃなくって、ついつい気になってしまいました。

ちなみに、映画化されたアメリカのヒーローコミック「アベンジャーズ」(avengers)は、
正義の復讐者たちという意味で

《 avenge 不正や悪事に対する、正義感から行う復讐 》

からきています。

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...