読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

鴨川の草原の風景|左京区

京都市左京区

 

11月24日、今日の京都市左京区は曇り時々晴れ。
昨夜、北側のベランダの窓を開けると、少し西よりの北風がぴゅーぴゅーと吹き込んできました。
関東では雪が降ると言っていたので、今朝は寒さを覚悟。

出かけたのが、10時過ぎという少し太陽も高くのぼった頃だったからか、
外は思いのほか明るく、やわらかい日差しに包まれていました。

鴨川の草原では、みどり色の帽子をかぶった20数人の保育園児たちが、
何人かの先生に見守られながら、仲良く楽しそうに遊んでいました。

いろいろな子がいます。

川に背を向け、一人でベンチに腰掛けて足をぶらぶらさせながら歌を歌っている子。
自分一人の世界を楽しんでいます。

3人で、なにやら草をかき分け新しい発見を見つけようとしている子たち。
将来は学者さんでしょうか?

先生にくっついて離れない子がいます。
甘えん坊さんです。

大きなグループで遊ぶ子。
小さなグループで遊ぶ子。

園に戻る時は、車輪の付いた大きな箱のような乳母車に何人かずつ乗せられます。

先生に呼ばれてみんなが集まっているのに、その横を目まぐるしく走り回っている子。
どうせまだ全員乗りきるまでには時間があるから、ギリギリまで遊んでやれ!そんな感じです。
毎度のことなのか、先生達も全く動じていません(笑)

三者三様、十人十色、百人百様と言いますが、本当にその通り。

金子みすずさんの詩が思い出されます。
 
「わたしと小鳥と鈴と」
『わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない
わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど
あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ
鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい』

みんな違って みんないい(*^o^*)

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...