読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

オススメ川床「ひろ文」|左京区

 

8月9日、今日の京都市左京区は、晴れ!
連日いい天気が続くというか、暑いですねー。
室内でのクーラー漬けの生活に、そろそろ身体がだるだるです。
機械的な涼しさは、やっぱり人間の身体には合わないのでしょうねー。

そこで今日は、夏の涼を感じられるおすすめスポットをご案内。
蒸し暑い京都ですが、涼を感じられるお寺や神社、甘味処はたくさんあります。
でも、「本当に涼しいなぁ~気持ちいいなぁ~」と
実感できる所の一つに、貴船の川床があります。

貴船の川床は、貴船川の川面すれすれに床を張り出してあるので、
床に座りながら足をつけることもでき、涼を満喫することが出来ます。
電車で行く場合は、叡山電鉄鞍馬線の「貴船駅」で下車すると、
あとは貴船川に沿って一本道ですので、てくてくと歩いていけば
迷うこともなく目的地に到着できます。
貴船の川床は、別名「京の奥座敷」と呼ばれ、非常に格式高く、
老舗の高級料理旅館が多く並んでいて、
川床懐石や鱧しゃぶなどのフルコースを注文すると、
どうしても一人1万円前後はしてしまいます。

そんななかで私がおすすめするのは、
リーズナブルに川床を体験できる「ひろ文」の流しそうめん(1300円)です。
予約は出来ないので、どうしても待ち時間はありますが、
まず「ひろ文」さんに行って予約をしてから、観光をするのがおすすめです。
せっかくなので「貴船神社」へも足を延ばしてください。
一度も枯れたことのない御神水があり、パワースポットとしても有名です。
御神水に浸して文字を浮かび上がらせる「水占いみくじ」も是非ひいてみてください。

さて、整理番号が呼ばれるといよいよ川床に降りていくことが出来ます。
この川床でまだしばらく流しそうめんの順番待ちをするのですが、
「待つ」というより「涼む」という感じです。
川に足をつけたりしながら、たっぷりと涼を満喫。

お腹もすいてきたころに、いよいよ流しそうめんの竹筒の前に座れます。
さて、ここからは行ってからのお楽しみ(笑)

木々が生い茂る自然の中は幻想的な雰囲気で、まるでタイムスリップをしたようです。
マイナスイオンをたっぷり浴びながらの流しそうめんを、是非ぜひ楽しんでください!

ひろ文 京都市左京区鞍馬貴船町87
075-741-2147
11:00~16:00です

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...