読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

ご存知ですか?室外機の秘密|左京区

京都市左京区

 

 

7月14日、今日の京都市左京区は、晴れのち雨ところにより曇り。

 

今日も暑かったですねー。

 

夕方、玄関からガレージに出たら、ちょうど雨が降ってきていて、

「おっ、風も出てきて、涼しくなったなぁー」と思ったら、

こちらに向かって吹く室外機の風でした。

 

除湿をしていたので、冷房より涼しい風が出ていたのです。

 

 

子供の頃、冷房って、室内機で空気を冷やして、室外機で部屋の空気を吐き出しているのだと思っていました。

 

でも実は、部屋の空気を外に出すのではなく、

部屋の空気から、「熱」だけをどんどん外に追い出しているのです。

 

空気の中には「熱」が含まれていて、空気の中に含まれる「熱」が多いと部屋は暑くなります。

すなわち、「熱」を追い出したら、部屋の中を涼しくできるわけです。

 

室内機と室外機は、パイプで繋がれています。

そして室内機にも室外機にも『熱交換器』というものがついていて、

室内の熱交換機では、「気化熱」を利用して空気中の「熱」を奪います。

 

身体がぬれていると、表面の水滴が蒸発しようとするときに体温を奪って…ってやつと同じ仕組みです。

 

パイプの中には『冷媒』という物質が入っていて、部屋の空気の熱だけをパイプに乗せて運びます。

 

熱が無くなった空気は、温度が下がって、部屋に吐き出されるわけです。

 

「熱」を乗せた『冷媒』はパイプを通って、部屋の外にある室外機に移動し、

室外機の熱交換機で熱を外に出します。

「熱」をおろした『冷媒』は、また熱を乗せるためにパイプを通って部屋の中に戻ってきます。

 

 

スイッチひとつで、私たちは涼しくなれるけど、エアコンはフルで働いてくれています。

お蔭様で快適に暮らさせてもらってます。

 

冷房より除湿が好きだけど、

除湿は、せっかく冷やした空気をもう一度温めているので、電力がかかり、

どうやら光熱費は高くなるそうです。

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...