読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

皆に好都合な都会|北区

京都市左京区 京都市北区

 

6月28日、今日の京都市左京区は、曇り時々晴れ。

 

今日は、紫野西蓮台野町の雑草に覆われた空き地で、トンボを見ました。

雑草から2,30センチ上空を、何度も何度も行ったり来たり。

蚊などの小さな虫を捕獲して食べているようで、その姿からは優雅というよりも、

「生きる気迫」が感じられました。

 

先日のゴミの日。

一羽のカラスが、今宮通りのゴミを漁っていました。

黄色いごみ袋を突つき破り、中から生ごみを引っ張り出しています。

開け口よりも大きな食べ物を得るために、グイッグイッと首を左右に振ります。

食糧を得るまで、何度も何度も繰り返し首を振ります。

ものすごい「気迫」です。

ついに得た食糧を、太いクチバシでしっかりと挟み、

何食わぬ顔で道路を横切って飛んでいきました。

 

後には、散乱したゴミと、少し形の崩れた黄色いゴミ袋と、往来の人の不愉快そうな視線。

 

都会のカラスは、要領がいいですね。

 

「カラスって何食べるか知ってる?」って子供たちにきくと、

思った通り「ゴミ!!!生ゴミ!!!」って答えてくれます。

「学校で配られた遠足のお菓子を袋ごとくわえて、空に飛んで行った!!リュックが開いてて、全部!!!」という情報を教えてくれた子もいます。

 

確かにカラスは雑食なので色々なものを食べますが、

本来のカラスの食べ物は、カエルやヤモリなどの小動物、昆虫、鳥類などなどなのです。

 

6月、7月はカラスの繁殖期です。ちょうどヒナが生まれているころですね。

ヒナの生存率が上がる高カロリー・高蛋白なエサを、無駄な体力を使わずに手に入れることが出来る都会は、「今のカラス」には好都合なのでしょう。

 

「本来あるべき姿」と「要領の良さ」

 

どちらも大切だとは思います。

 

「今の人間」は、どうあるべきなのでしょうか。

 


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< ブログ:様々な情報を毎日更新中 >
< はてなブログそれいけ!青伸ホーム!! >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...