読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、京都に行こう!

京都の風景、お寺や神社、四季折々の情報を発信します!新しい京都の発見があるかも!

京都市下京区|長講堂(ちょうこうどう)

京都市下京区

f:id:ao0757082007:20140428171800j:plain

名 称:長講堂(ちょうこうどう)

長講堂は、京都市下京区の寺院です。

後白河法皇ゆかりとされる本尊の木造阿弥陀三尊像は

重要文化財です。

正式名を「法華長講弥陀三昧堂」。

寿永2年、後白河法皇が六條西洞院の平業忠の邸に

移られたので、この堂もそこに移建され六条長講堂とよんだ。

法皇は多くの所領を寄進したが、

これが史上に有名な長講堂領で、法皇の崩後、

皇女宣陽門院覲子内親王に継がれて以来、

いわゆる持明院統によって相続されました。

再三の火災のためで寺地を変え、天正6年に現在地に移りました。


京都市北区・左京区・上京区の不動産のことなら青伸ホーム
< スタッフブログ:日々の出来事を毎日更新中 >
< はてなブログてくてく日記 >
< 青伸ホーム:Twitter >
< 青伸ホーム:Facebookファンページ >
< 青伸ホーム:Google+ページ >



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...